会員規約

 

第一章 総 則

第1条(本会員規約の適用)

みずほ総合研究所株式会社(以下「当社」という)は、みずほ会員制度「フォーラム・エム」(以下「本会」という)のサービスを、この会員規約(以下「本会員規約」という)に基づき本会の会員(以下「会員」という)に提供します。

第2条(特約との関係)

本会のサービス(以下「本サービス」という)の種類及びその内容について、本会員規約以外に別途の利用規約もしくは別段の規定がある場合又は当社と会員が個別に文書で合意した場合は、それらが本会員規約の各条項に優先して適用されるものとします。

第3条(本会員規約の変更)

1.当社は、会員の承諾を得ることなく、本会員規約を変更することがあります。この場合には、本サービスの提供条件は、変更後の本会員規約において規定するところによります。

2.本会員規約を変更するときは、当社は、その内容を文書で会員に通知するほか、本会ホームページ上で会員にその内容を周知します。会員は、当該通知が行われた日に変更後の本会員規約に合意したものとみなされ、変更後の本会員規約に拘束されることに合意します。

第二章 会 員

第4条(会員)

会員とは、当社所定の入会申込をし、当社がその入会を承諾した法人及び個人をいいます。

第5条(会員の種類と権利)

会員の種類は、特別会員及び普通会員の2種類とし、その種類ごとに本サービスを受けることができます。

第6条(会費等の納入)

1.会員は、当社が別に定める会費及び本サービス利用料金等(以下あわせて「会費等」という)を当社所定の方法で納入するものとします。

2.当社は、前項の会費等を会員に事前に通知することなく、変更することがあります。

第7条(会費等の不返還)

会員がすでに納入した会費等については、本会員規約に定めのある場合を除き、その理由の如何を問わず、これを返還しないものとします。

第8条(変更の届出)

会員は、その名称、住所、連絡先等申告事項に変更が生じた場合、遅滞なく、当社に対し、変更を届け出なければならないものとします。

第9条(譲渡等の禁止)

会員は、本規約に基づく地位及び権利義務の全部又は一部を、本会の書面による承諾を得ることなく、第三者に譲渡又は承継させることはできないものとします。

第三章 入会

第10条(入会申込)

1.本会に入会を希望するものは、当社所定の入会申込書に必要事項を記入・捺印のうえ当社に提出し、入会を申込むものとします。

2.当社は、入会を希望するものが、次の各号のいずれか一に該当する場合には、入会を承諾しないことができるものとします。

1)入会申込書への虚偽事実の記載など入会申込にあたり虚偽の申告、記入漏れ、誤記等があった場合。

2)過去に本会から会員資格を停止されたことがある場合。

3)法令もしくは公序良俗に反する行為を行った場合。

4)その他、当社が会員として不適当であると認めた場合。

第四章 退会等

第11条(退会)

1.会員は、当社所定の手続きにより、退会することができます。ただし、未払の会費等がある場合には、会員は、退会後も当社に対する未払分の支払を免れないものとします。

2.前項により退会する場合、当社は、会員から納入された会費のうち未経過分を月割計算(当社所定の計算方法により算出される額)で返還するものとします。

第12条(本サービスの停止)

会員が会費等の支払を遅滞した場合、当社は、会員に事前に通知することなく、本サービスを停止することができるものとします。

第13条(会員資格の停止)

当社は、会員が次の各号の一に該当すると認めた場合、会員たる資格を喪失させることができるものとします。

1)本会の名誉を著しく傷つける行為、または会員としての品位を損なう行為があったと当社が認めた場合。

2)支払停止となり、または破産、民事再生手続開始、会社更生手続開始、特別清算開始もしくはこれらに類する手続きの開始の申立があった場合。

3)差押、仮差押、仮処分、強制執行もしくは競売の申立、または租税滞納処分もしくは営業停止処分を受けた場合。

4)本会員規約その他の定めに違反した場合。

5)会員が会費等の支払いを2か月以上遅滞した場合。

6)その他、当社が会員として不適当と認める相当の事由が発生した場合。

第14条(反社会的勢力の排除)

当社は、会員が次の各号の一に該当す ると認めた場合、会員に事前に通知す ることなく会員たる資格を停止し、退 会させることができるものとします。

1)会員が次のいずれかに該当するこ とが判明した場合。  
A. 暴力団 
B. 暴力団員 
C. 暴力団 員でなくなった時から5年を経過し ない者 
D. 暴力団準構成員 
E. 暴 力団関係企業 
F.総会屋等、社会運 動等標ぼうゴロ、特殊知能暴力集団 等 
G. その他A〜F に準ずる者

2)会員が自らまたは第三者を利用し て次のいずれかに該当する行為をし た場合。

A. 暴力的な要求行為  
B. 法的な責任を超えた不当な要求行為  
C. 取引に関して、脅迫的な言動を し、または暴力を用いる行為  
D. 風説を流布し、偽計を用いまたは 威力を用いて当社の信用を毀損し、も しくは当社の業務を妨害する行為  
E. その他A〜D に準ずる行為

第五章 責任

第15条(会員の責任)

1.当社が会員に対して本サービスを提供するにあたり、会員は提供される情報の正確性、真実性、有用性その他本サービスの利用に関する一切の事項を会員の判断と責任において行うものとします。

2.当社が、第三者に対して、会員が本サービスを利用して提供した情報の内容に起因する損害を賠償した場合には、会員は、当社が被った損害の全額を賠償するものとします。

第16条(当社の責任・免責)

当社は、会員が本サービスの利用(本サービスを利用できなかったことを含む)により被った損害について、その原因の如何を問わず一切の責任を負担しないものとします。ただし、その損害が、当社の故意又は重過失に起因する場合には、当社が当該会員から受領した会費等を上限として、現実に発生した通常の直接損害に限ってその賠償を行うものとします。

第六章 その他

第17条(知的財産権)

本サービスの提供に関して発生する著作権等の知的財産権及びその他一切の権利は、すべて当社に留保されるものとします。

第18条(有効期間)

本会員規約に基づく会員契約期間は、当社が入会申込を承諾した日(承諾日)から承諾日の属する月の翌年対応月末日までとし、期間満了日の1か月前までに会員又は当社から相手方に対し、書面による特段の意思表示がない場合には、更に1年間継続されるものとし、以後も同様とします。

第19条(裁判管轄)

本会員規約に関する一切の訴訟は、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。


附則  本会員規約は、2016年4月1日より適用します。

FORUM-M 会員規約改訂のお知らせ